【キャラクターゼーション】

様々な役に変身し、「役の人生を生きる」のが俳優の仕事です。

キャラクターに変身するための方法を複数体得していきます。

衣装やメイク、髪型などは最も基本的なものとして当然ですが、ここでは更に深い次元で役に成るための方法を体得していきます。

 

映画『ゴット フアーザー』でロバート・デニーロがゴリラのアニマルEXからアプローチしたのは有名な話ですね。このアニマルエクササイズも正しい方法を教えている所は非常に少ないです。その動物の持っている質を、自分の身体に移管するのはとても時間が掛かります。でもその時間とともに少しづつその動物の持つ質が細胞に染み込み始めてくるのを体感することとなるでしょう。すると心理的な変化が訪れ、身体が役として自由に動き始めます。身体感覚に伴ってしゃべり方も自ずと変わってきます。そのレベルまでやり込まなければ、単なる「つもり」の取ってつけたようなキャラクターとなってしまうことでしょう。なぜならば、桃井かおりはあの様にしゃべる心理的な理由があるからこそ、あのようなしゃべり方なのです。その心理的なものを抜きにしては単なる物まねで終わってしまいます。アニマルEXは形から入り、その心理ともいえる本能的なものにまでアクセスがかなってこそ有用となり得ます。

そのほかにもセンターの質や場所を変化させる方法やイマジナリーボデイーを使った方法など、楽しんで行えるExがあります。メリル・ストリープの変貌ぶりも凄かったです。足元にひれ伏したくなる思いです。一流の俳優の素晴らしい演技を沢山観てください。そして真実の感覚を研ぎ澄ませていってください。

変身願望は誰にでもあるものです。子供のころ「秘密のあっこちゃん」に夢中になって、おもちゃの鏡に向かって真剣に、でもどこかでほんの少しの不安と疑いを持ちながらも、”テクマクマヤコン、テクマクマヤコン”とつぶやいたことを思い出します(笑)

今私は自分自身の力で、役に変身できる術を知っています。正しい訓練を行えば誰しもが成しえるものです。